So-net無料ブログ作成

ハリルホジッチの通訳というかPAとして千田さんを推す理由 [通訳]

ハリルホジッチ新監督の通訳が樋渡氏に
決まりましたが、もう一人通訳というか、
ハリルホジッチのPAとして、千田善さんがなるべきだ
とある人がおっしゃっています。


◆ダバディが千田さんを推す理由。

この意見をツイッターでつぶやいたのは、
元日本サッカー代表監督トルシエさんの
通訳だったダバディさん。


彼は、今回、ハリルホジッチ監督の通訳が
樋渡さんに決定したことについて、


樋渡さんは、
・通訳がうまい。
・現役の指導者なんでサッカーをサッカーをよく知っている
・真面目そうなんでハリルホジッチに合う。


というようなつぶやきをしています。


スポンサードリンク






つづけて、
しかし、通訳は1人で足りますか?


「樋渡さんはハリルホジッチのサッカー専属通訳で、
ハリルホジッチのPA(パーソナルアシスタント)として
千田善さんが適任です。」

とつぶやいています。



◆PA(パーソナルアシスタント)とは?

パーソナル(個人)、アシスタント(秘書)のことで、
いわゆる個人秘書のことですね。


なにを隠そう、
千田善さんはかつて監督オシムさんの通訳です。


会見でハリルホジッチが
オシムは親友」と言っていたので、千田さんが
パーソナルアシスタントになったら、すごく日本サッカー
にとってプラスに働くと思います。


というのも、千田さんはオシムに通訳する時、
フランス語ではなく彼らの故郷の
ボスニアヘルツェゴビナの言葉で通訳を
していました。


ハリルホジッチ監督も生まれ育った
ボスニアヘルツェゴビナの言葉で話したほうが
ストレスなく会話ができると思います。


なので、パーソナルアシスタントという人が
必要だというダバディさんの意見はなるほどだな。
と思いました。


千田さんがハリルホジッチの
パーソナルアシスタントになるかはわかりませんが、
もしなったら日本サッカーの強い味方の一人になる
と思いました。


>>>目次ページへ<<<

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ハリルホジッチの通訳の樋渡さんが適任すぎる件。 [通訳]

ハリルホジッチの通訳が
樋渡群さんに決まりました。


◆ハリルホジッチの通訳の樋渡さんってどんな人?


樋渡さんは、
1978年生まれの37歳。広島県出身。


東京都立大学卒業後、フランスに渡り
フランス語とサッカーの指導方法を学ぶ。


パリ・サンジェルマンのU-12で監督を経験し
たとのこと。


2006年からはJFAアカデミー福島
クロードデュソー監督の通訳兼コーチを務める。


選手の経験としては、、

フランス2部のプロチームに
選手として入れるところまでいった実力者。


今までの通訳の人って、
ここまで「サッカーができる」人っていなかったん
じゃないでしょうか?


監督経験もあり、
選手としての実力もある。


しかも、新監督のハリルホジッチが
かつて活躍していたフランスリーグで
監督の修行をしていた。


いやー、ホントに心強い通訳が
現れたもんです。


かつて監督、トルシエさんの通訳をしていた
ダバディさんも太鼓判を押しているようですね。



スポンサードリンク







◆ダバディの意見


ハリルホジッチ監督の通訳に樋渡さんが
決まったことに太鼓判を押したダバディさん。


ツイッターで次の内容をつぶやいています。

樋渡さんは、通訳がうまい
彼も現役の指導者なのでサッカーをよく知っている。

真面目そうだからハリルホジッチさんと合う


また、通訳の人数に対しても、

樋渡さんはハリルホジッチ監督の
サッカー専属通訳として。

そして、千田善さんがハリルホジッチ監督の
パーソナルアシスタントになるべき。

あとは、ハリルホジッチのコーチの
通訳も必要です。


。。。というようなつぶやきをしていました。

通訳に3人も?、、と思いましたが、

ダバディさんは通訳にもお金を投資すべき
という考えでした。


自分がやりたいんじゃないの?

って私は素直に思いましたが(笑)


これについても、

今は、通訳は指導者に近い立場です。
自分はコーチライセンスしかないし、
私の時代は終わりました。


と言っており、なるほどなー、と思いました。


ちゅうか、ダバディええやつやん!


まあ、この意見を聞いても、
樋渡さんはハリルホジッチ監督の通訳に
ホントに適任だと思いました。


ハリルジャパン、樋渡さんガンバレ!!


>>>目次ページへ<<<



スポンサードリンク







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ハリルホジッチの通訳は? [通訳]

ハリルホジッチの通訳が
樋渡群(ひわたし・ぐん)さんに決まりました。


日本サッカー代表監督に3月13日に就任した
バビドハリルホジッチ氏。


彼はアルジェリア代表を昨年の
ブラジルワールドカップでベスト16に導くなど、
かなりレベルの高い監督という評判です。


また、戦術についても、
「相手によって変幻自在のフォーメーション」
ということで、ブラジルワールドカップでの
戦術が高く評価されました。


また、メンタル面でも「熱いハート」を持って
指導にあたるということも言われていますね。


そんな「熱いハート」を伝えるには、
ハリルホジッチ監督の「コトバ」をうまく
伝えられる通訳の役割が重要になってきます。


ハリルホジッチ監督はボスニアヘルツェゴビナ出身
で日常会話はフランス語を話すとのこと。


。。。ということから、元日本代表監督トルシエの
通訳だった、ダバディさんが通訳に!?
という噂もありましたが、、



◆ハリルホジッチ監督の通訳は樋渡群に決定!


樋渡群さんは、
広島県出身。1978年生まれの37歳。

東京都立大学(頭いいですね)卒業後、渡仏し、
フランス語とサッカーの指導方法を学ぶ。


パリ・サンジェルマンのU-12で監督を経験し、

2006年からはJFAアカデミー福島
クロードデュソー監督の通訳兼コーチを務める。


この時の通訳の経験が大きかったようですね。


クロードデュソー監督は、フランス人監督。


フランス人と言えば、バリバリのラテン系、
やっぱり「熱い」指導者だったようです。


ハリルホジッチ監督も「熱い」指導者だという評判です。


このクロードデュソー監督は、
すごく「コトバ」を大切にする監督だったらしく、

樋渡さんはデュソー監督の要望に応える
ことによって通訳としての「力量」があがって
いったのでしょう。

この時の経験がどうやら買われたようです。。


樋渡さんはサッカーの指導者としての
経験もあるので、期待できますね。


ダバディさんが選ばれなかったのは
少し残念ですが(笑)


ハリルホジッチ監督と共に、
日本サッカーを盛り上げていってほしいですね。


>>>目次ページへ<<<


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
口座開設フォームから

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。